今後の開催予定

2021年度健康心理学研修会テーマ:
「コロナ禍での健康心理士の役割と実践 part 2」

第126回健康心理学研修会


2022年2月19日(土)〜3月6日(日)にオンデマンド配信致します。申込方法は下記をご確認下さい。

テーマ:
「行動変容の健康心理学:心身の健康づくり行動の開始・継続・逆戻り予防を支援する」
講師:
島崎 崇史(東京慈恵会医科大学 医学部 環境保健医学講座 助教)
時間:
1時間30分
研修ポイント:
2ポイント
概要
 この研修会では、対象となる人々の心理的なレディネスに配慮した健康行動変容を促す支援について紹介します。具体的には、健康行動の開始、継続・習慣化、および不健康な生活習慣への逆戻り予防を主たるテーマとして、健康心理学的な理論と実践について扱います。
 また,これらの知識を、対象となる人たちに上手に伝えるコミュニケーション戦略(ヘルスコミュニケーション)についても考えていきます。


第127回健康心理学研修会


2022年2月19日(土)〜3月6日(日)にオンデマンド配信致します。申込方法は下記をご確認下さい。

テーマ:
「禁煙支援・治療における健康心理学的なアセスメント法について-禁煙支援に関する尺度と支援・治療場面の紹介-」
講師:
山野 洋一(立命館大学 学生部 衣笠学生オフィス)
時間:
1時間30分
研修ポイント:
2ポイント
概要
 現在の日本の喫煙率は、16.7%で年々減少しています。一方で禁煙が必要な状況にも関わらず、禁煙できない人や逆戻りをする人は一定数います。禁煙支援は、健康心理学の理論や技法が役立つ1つのテーマと考えらます。
 そこで、本研修では、標準的な禁煙治療を紹介し、禁煙支援・治療の一助となる禁煙に関する意思決定バランス尺度、自己効力感尺度などの健康心理学的なアセスメントを中心に紹介します。

参考資料.pdf
※パスワードは参加者に別途ご案内をしております。


お申込み

@受講希望者は、下記フォームより参加登録をお願い致します。
【参加登録フォーム】
https://ez-entry.jp/jahp126_127/entry/
※変更・キャンセル不可となります。ご予定と内容をよくご確認の上お申し込みください。
A受付者に参加費納入依頼のメールをお送りしますので、期日までにご納入をお願い致します。
納入期日:2022年2月15日(火)
Bご納入を確認できた方へ2022年2月16日(水)以降に、メールにて動画視聴のURL、又はパスワードをお知らせ致します。
C2022年3月7日(月)以降に、研修ポイント希望の方へ修了証書をお送り致します。

お問い合わせ先:jahp@pac.ne.jp


受講料

振込先はメールにて案内致します。
1コマ
非会員:2,000円
健康心理学会会員:1,500円
健康心理士会会員:1,000円

2コマ
非会員:4,000円
健康心理学会会員:3,000円
健康心理士会会員:2,000円


Copyright (c) 2013 The Japanese Association of Health Psychology All Rights Reserved.